2016.12.19 

安倍政権最大のチャレンジ"働き方改革"ってそもそも何?①
~働き方改革の概要と背景を解説!~
 

安倍総理が最大のチャレンジと位置づけ取り組んでいる、「働き方改革」。

今や新聞記事で見ない日はないと思えるこの言葉ですが、なぜ今「働き方改革」が必要なのでしょうか。

 

Ⅰ.政府の「働き方改革」のこれまで

◇2016年8月3日

第3次安倍第2次改造内閣が発足し、安倍総理は、「最大のチャレンジは、『働き方改革』であります。長時間労働を是正します。同一労働同一賃金を実現し、『非正規』という言葉をこの国から一掃します。」と語りました。そこで「働き方改革担当大臣」を新設、加藤勝信一億総活躍担当大臣が兼務することになりました。

 

◇2016年9月2日

内閣官房に働き方改革実現推進室が設置。

 

◇2016年9月27日

第1回働き方改革実現会議を開催。安倍総理は、「働き方改革」は第三の矢、構造改革の柱となる改革だとし、「大切なことは、スピードと実行であります。もはや、先送りは許されない」と、今年度内に具体的な実行計画を取りまとめた上で、スピード感をもって国会に関連法案を提出する考えであることを述べました。

※10月24日の第2回では「柔軟な働き方」「多様な採用機会の提供」等について、11月16日の第3回では「賃上げ」「転職・再就職支援」等について、11月29日の第4回では「同一労働同一賃金」について議論されました。

 

Ⅱ.働き方改革実現会議で議論される9つのテーマ

1. 同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善

2. 賃金引き上げと労働生産性の向上

3. 時間外労働の上限規制の在り方など長時間労働の是正

4. 雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の問題

5. テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方

6. 働き方に中立的な社会保障制度・税制など女性・若者が活躍しやすい環境整備

7. 高齢者の就業促進

8. 病気の治療、そして子育て・介護と仕事の両立

9. 外国人材の受入れの問題

 

 

Ⅲ.なぜ、今「働き方改革」が必要なのか?

日本では、生産年齢人口が総人口の減少を上回るペースで減少し、労働力不足が深刻化しています。国の生産力が落ち、衰退することを防ぐために、国をあげて労働力不足の改善に力を入れているのです。

労働力不足を改善するために、以下の3点が課題になっています。

 

①出生率の増加:労働人口を増やすため

②女性・高齢者の就職推進:働き手の幅を拡大するため

③一人ひとりの労働生産性の向上:少ない労働人口のままでも生産性を保つため

 

そしてこれらの課題の解決に欠かせないのが、「働き方改革」において重要なテーマである「長時間労働の是正」と「正規・非正規間の労働格差の是正」なのです。

 

 

次回の『安倍政権最大のチャレンジ“働き方改革”ってそもそも何?②』では、「長時間労働の是正」について解説します!

 

(2016.12.19更新)

 

 

 

関連サイト

■ 業界動向をいち早く配信「あしたのHRニュース」
http://www.ashita-hr-news.com
あしたのHRニュースは、採用・管理・人事考課・賃金・人材育成・サービス(クラウド勤怠管理)などの、「HR」

に関する業界ニュースを配信しています。 


● 報道関係者様へ

■ 引用・転載時のクレジット表記のお願い
※ 本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。
<例>「あしたのチームが実施した調査結果によると…」
「あしたのチーム調べ」など

会社概要

会社名
株式会社あしたのチーム
代表者
代表取締役社長 高橋恭介
本社所在地
東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビル 6F
事業内容
  • 人事評価システムASP「コンピリーダー」
  • 人事評価制度構築コンサルティング
  • 人材紹介事業(ベンチャー求人紹介)
  • 採用代行事業
資本金
3億6810万円(資本準備金含む)
設立
2008年9月25日
HP
http://www.ashita-team.com/

会社概要

会社名
株式会社あしたのチーム
代表者
代表取締役社長 高橋恭介
本社所在地
東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビル 6F
事業内容

 

・人事評価クラウド型運用支援サービス「ゼッタイ!評価®」

・あしたの人事評価クラウド「コンピリーダー®」

・教育・研修事業「MVP倶楽部®」

・その他人事関連事業

資本金
4億1010万円(資本準備金含む)
設立
2008年9月25日
HP
http://www.ashita-team.com

この内容で送信します。よろしいですか?